汚れが酷くない網戸に効果的!簡単な網戸の掃除方法を3つ紹介

新聞紙を片側に貼り付けて掃除機を使って網戸を掃除をする方法

掃除機というと、主に床を掃除するものであり、何かの台の上やタンスの上などもかけることができます。

ですが、掃除機は網戸に使うこともできます。網戸をはずして掃除するのは結構手間がかかり大変ですよね?掃除機を使用すれば、網戸をはずすことなく掃除することができます。

とはいっても、何もしないで直接網戸に掃除機の吸う部分を当てても、埃やゴミなどをしっかり吸い込むことはできません。

では、どうすれば良いのかというと、網戸の片側に新聞紙をガムテープなどで貼り付ければ良いのです。片側を新聞紙などで塞ぐことによって空気を吸い込む力は増し、埃やゴミなどの汚れが取れやすくなります。

ちなみに、網を傷つけない硬さのブラシを使って、網を払いながら掃除機で吸い取るという方法もあります。網戸に掃除機をかけたら、ついでに網戸を取り付ける部分の隙間やサッシもかけると良いでしょう。

掃除機をかけた後にスポンジや洗剤を使って掃除すれば、汚れをしっかり落とすことができますが、汚れが少ないのであれば掃除機のみでも大丈夫です。

網戸を掃除機で掃除する際は、掃除機の吸い込み口を網の部分に強く押しつけないようにしてください。想像すると分かることですが、強く押しつけることによって網が破れてしまう可能性があります。

ストッキングと靴下を使い静電気を利用して網戸を掃除する方法

網戸はストッキングと靴下を使っても掃除することができます。ストッキングと靴下は新しいのを使うと勿体ないので、古い物、いらなくなった物を使用しましょう。

まずは、ストッキングの中に靴下を入れ、丸い団子のような形にします。次に、内側(部屋の側)に新聞紙を貼りつけます。先程作ったストッキングの中に靴下が入ったもので、網戸の外側を上から下に拭きましょう。

そうすると、網戸についている埃やゴミなどの汚れを取ることができます。外側を拭いたら内側も拭きましょう。

そして最後に、網戸周辺に落ちている埃やゴミを掃除機で吸い取って終了です。とても簡単ですよね。ストッキングで汚れが取れる理由は、ストッキングで発生する静電気によるものです。静電気の働きを利用して埃やゴミを吸着することができるのです。

ですから、ストッキングの中に靴下を入れたもので掃除する際は、水は使用しないようにしましょう。水を使うと静電気が起きなくなってしまいます。

重曹水や洗剤などでしっかり掃除する場合でも、前もってストッキングで掃除しておくと、汚れが落ちやすくなります。

床掃除のワイパーに吸着ウエットシートをつけて網戸を掃除する方法

網戸は、クイックルワイパーなどの吸着ウエットシートを使っても効果的です。ワイパーの吸着ウエットシートというと、フローリングや畳などを掃除するものというイメージがありますが、網戸の汚れも落とすことができます。

まずは、ワイパーに吸着ウエットシートをつけ、持つ部分の長さを調整できるものなら短めにしましょう。

短めにすることで、近づいて掃除しやすくなります。そして、ワイパーを網戸に軽く当て、上下左右に動かして拭くだけです。ワイパーで床掃除をするように上下左右に動かすだけで、網戸の汚れを簡単に落とすことができます。

拭いているとシートがあっという間に汚れるので、汚れたら新しい吸着ウエットシートに取り換えましょう。前述した、掃除機を使う方法やストッキングを使う方法よりも簡単なので、ワイパーでの掃除が好きになる場合もあります。

また、マメに掃除しようという気になる場合もあります。この方法には手が汚れにくいというメリットもあり、手の汚れが気になる方にもピッタリです。

ですが、吸着ウエットシートで汚れを落とすので、当然吸着ウエットシートは汚れが酷いほど多く使用します。また、網戸の数が多いほど使うため、吸着ウエットシートは何個かストックしておくことをおすすめします。